あなたは「入眠障害」と言う言葉を知っていますか!?これは、眠ろうとしてもなかなか眠りに付くことが出来ない不眠症の症状のことを指しています。いざ眠ろうと思っても直ぐには眠れなくて、30分以上眠るまでにかかってしまうのが主な症状と言うことです。(汗) そして、それが本人が苦痛に感じている場合は、不眠症であると判断されるようですね。(汗)まずは「ストレス」が挙げられます。ストレスを感じてしまうと寝付きが悪くなることがあります。

例えば次の日に大切な仕事があったとした時、絶対に遅れてはいけないと言う気持ちがありますよね。それがストレスになって、入眠障害と言う不眠症に繋がるのです。(汗)大体は、そうした緊張が解消されると寝付きの悪さも解消されることになります。(笑顔)次に「運動不足」が挙げられます。睡眠は身体が適度に疲労を感じている時でいと眠ることが困難になります。

そうすると眠りやすくなりますよ。(笑顔)朝起きてカーテンを開けずに暗い部屋の中にいると体内時計がリセットされません。それで身体が朝を認識しないまま夜になってしまいます。(汗)そうなると寝付きが悪くなることがあります。(笑顔)次に「起床時間の遅さ」があります。当たり前の話ですが、起きる時間が遅いと夜眠れなくなることがありますよね。(汗)

関連ページ