フラット35借り換えって?

民間の金融機関から住宅ローンを借り入れる場合は、団体信用生命保険(以下、団信)の加入が義務付けられています。
この保険は、住宅ローンの借主が返済期間中に死亡などで返済が困難になった時に、返済義務を家族に負担させずに保険会社が肩代わりしてくれるもので、借主の家族も安心できますし保険会社も不良債権の危険を回避できる有意義な保険です。
ですから、民間の住宅ローンは団信に加入できないと借り入れができません。
しかし、フラット35は団信の加入が任意です。
これは、健康な人にとってはマイナス要因ですが、病歴や入院歴がある人にとっては好都合です。
なぜなら、事前に自分が加入できる生命保険に入っておいてから、住宅ローンの借り入れや借り換えを始めればいいわけです。
審査も生命保険に加入していれば、有利になりますからね。
妻に生命保険は必要か?お金の無駄では...【最低限の保障とは?】