パーソナルスタイリストの海外事情はどうなっているのか?

【海外のパーソナルスタイリスト事情はどうなのか】パーソナルスタイリストは日本ではまだ歴史の浅い職業ですが、海外ではセレブ層をやエグゼクティブを中心に、一般のビジネスマンやOL、さらには家庭の主婦までが利用するファッションに関するサービスです。
海外で多いのは買物に同行してのアドバイスや、クロゼットやワードロープの中身を点検して助言を与えたり、持っている洋服の範囲での適切なコーディネイトの提案などをします。
こうした海外の影響を受けて、日本でも芸能人などの特別な人だけでなく、2000年代に入ってからは一般の人も個人的にスタイリストを活用するようになってきました。
このようになったのもインターネットでファッションに関する海外の情報などが得やすくなったことにも原因がありますが、何にも増して経済的にも精神的にも余裕ができたことにより、人々のファッションへの関心が高まってきたからではないでしょうか。