パソコンで目が疲れる?

パソコンを使って仕事をしている人の多くは、「目が疲れたな」と感じたことがあるはず。
しかし、仕事でパソコンを一日中使っている人なら、目が疲れていても、目を休める事ができずに、さらに目を酷使してしまうことも少なくありません。
眼精疲労は、目の機能のバランスが不安定になっているサインです。
目を酷使しすぎて機能が低下してきた目を、仕事だから、集中したほうが仕事がはかどるから、といろいろな理由で更に酷使すれば、遅かれ早かれ目の機能がほとんど機能しないようなひどい状態になってしまうことも容易に想像できそうですよね。
また、テレビをずっと見ていてもそんなに目は疲れないのに、パソコンを使うとすぐに目が疲れてしまうという事もありますよね。
テレビなら目と画面との距離がそれなりにあるので、長時間見ても、それほど眼精疲労で目が疲れてしまうということも少ないのですが、パソコンの場合には、目から数十センチしか離れてしない所にあるモニターを凝視し続けなければ行けないため、目もそれだけ疲れやすくなってしまいます。
「テレビは大丈夫なのに、パソコンはすぐに目が疲れる」という人は、部屋の明るさに対してパソコン画面が明るすぎたり、暗すぎたりするかもしれません。