育毛には睡眠が大きく関わっています

特に働き盛りである、20~50代に限って言えば、睡眠時間が6時間程度という人が非常に多く、3~5時間程度という人もかなりいます。
これは明らかに睡眠不足です。
また睡眠時間は確保しているものの、眠りが浅く、深い睡眠が得られないというケースも多くあります。
特に男性型脱毛症(AGA)の場合には、男性ホルモンの分泌の異常な変化が、脱毛の直接の原因となっています。
交感神経や副交感神経などの自律神経が活性化するのは、午後11時から午前2時くらいまでの限られた時間です。
また副交感神経は成長ホルモンの活動を活発にさせる働きもあります。
そのため睡眠不足が続いたり、不規則な生活が続くと栄養分が偏ったり、不足してしまったりすることになります。
【AGA遺伝子検査の目的やメリットは?】費用はどのくらい?