住宅ローン借り換え相談で好結果がでる条件とは?

住宅ローン借り換え相談で好結果が出る条件とはなんでしょう。
○金利差が1%以上あること、○返済期間が10年以上あること、○手数料が抑えられていること、○保証料が抑えられていること、○借り入れをした時と収入条件が大きく変わっていないことがあげられます。
住宅ローンの借り換えは、基本的に金利の差を利用して総返済額の圧縮を狙います。
もちろん、保証料や手数料もかかりますから、そういった経費を差し引いてもメリットが出なければ借り換えの意味が無くなってしまいます。
住宅ローンの借り換えのシミュレーションでも、金利差1%以上、返済期間10年以上に当てはまるとメリットが出やすいということが理解出来るでしょう。
微妙な場合には無料相談を利用すると良いですね.